理想を持ちつつ現実的に考える

現実的に物事を考えることは重要です。
ただ理想を持ってそれを実現するために現実的にありたいものです。

現実的にというと何か機械的な感じがしてしまいますが、
ただ機械的な意味での現実的にという感じじゃないです。

しっかりと夢や理想を抱き、そこに到達するために緻密にデータや傾向を分析する。

そのうえでコストなどを算出し、可能な作業をリスト化する。
そういったことが現実的に物事を遂行するという意味合いだと思います。

現実的にそして地に足を付けた考えを持っていればビジネスがこける可能性は低くなります。

のりでビジネスをやる人がいますが大体失敗しますね。
もちろんのりで成功する人もいますが大体は失敗します。

確実に成功する事なんてありえませんが、成功するために不安な要素を一つ一つ排除しそして成功する確率を上げることが大切になってきます。

現実的に物事を考えるってことは理想を実現するためには不可欠な思考だと私は感じています。

理想や目標をしっかりと持ち、それを実現させるにはどのようなアプローチが適切なのかを考え、選んだアプローチ法に対してとことん検証し分析し精度を高めていく。

このことが非常に大切なことだと私は思います。

現実的であることは冷たいイメージでも機械的なイメージでもありません。
実は情熱的な言葉なんです。少なくとも私はそう思います。